シンゴジラをついに初見!庵野監督のシンゴジラ見た私の個人的な感想

雑談

この間プライムで配信スタートしたばかりのシンゴジラを鑑賞しました!

プライムビデオ「シンゴジラ」

今回はそんなシンゴジラの私の感想を書いていきたいと思います。

 

劇場公開の時から見に行こうとしていましたが、なかなか時間が取れず今回ようやく見ることができました。

※この感想はあくまで私個人の感想と意見です。庵野監督自身も好きですが内容を否定する意見、感想、見解も書いてます。不愉快に感じられるファンの方もいるかも知れません。ですがこの作品、ファンの方自体を否定する意図は全くありません。

純粋に私が感じたこと書いていますのでそれを踏まえた上でこの記事をお読みいただけたらと思います。あと内容のネタバレも入っているので、これから楽しみにされてる方は読まないように注意ください。

賛美の分かれる理由は良くわかった!シンゴジラ初めて見ました

エヴァの庵野監督が作ったゴジラということで、去年かなり話題になりましたが、見よう、見ようとしてる間に公開おわってしまい、実はまだ見てませんでした。

 

配信されるのかなり前から楽しみにしていたので、やっと見れたでぇ!って感じです。

このシンゴジラは

めっちゃ面白いー!
よくわからん、微妙。。もう見ない

と両極に分かれる作品だとは聞いてましたがまさにその通りでした。

ホント、庵野監督らしい作品でした。

これ、別の人が作ったら単なるゴジラのリメイクだけで終わったんだろうなぁ、と思います。

 

エヴァ好きな私なら面白く見れると、期待度マックスで鑑賞しましたが、庵野さん好きだけども、正直な感想をぶっちゃけると、個人的にはかなり消化不良。。

物足りない感が凄い。。

全く面白くないとは言い切れないけど、消化不良感がありすぎるというのが結論でした。

この感覚どこかであったなぁと思い出したのが、数年前に劇場で見たエヴァQ見終えた後の消化不良感にかなり似ている感じです。

 

なんかポーーンと見せられて、意味深な説明と淡々と用語聞いて、突き放された感覚。。

所々は面白くないわけではないのですが、何か物足りない、そんな印象です。

 

ロボットや正義のヒーローが出てきてゴジラと戦うわけではなく、とにかく地味に日本の政治と作戦、会議、今使える軍隊の力で倒す感じです。

物語の8割が早口と専門用語の会話シーン。戦闘シーンとゴジラが暴れるシーン2割

もっと、こうガチガチのゴジラとのドンパッチを楽しみにしていたので、意味不明の専門用語ばかりの会議シーンを淡々と見せられる感じは、途中かなり眠くもなりました。

エヴァとかでも専門用語淡々と流されるのには慣れているのですが、この作品はそれのさらに上をいく退屈感。。。

あまりに説明なしでの専門用語ばかりで、ウジウジと動こない日本政府。。

分かりやすい解説を入れてくれるキャラもいないので、とにかく自分みたいな馬鹿には設定が分かりにくい。。

リツコさんしかいないエヴァ??ですか??

 

分からない要素多すぎて、見てる途中で結構なイライラ感が溜まってました。

でも、映像、CG、BGM、ゴジラの破壊シーンは素晴らしかった!

ただ、全部否定してしまうと良い所の全然ないそれまでの作品ですが、全てが悪いというわけでもなく、キャストも凄いし、映像、ゴジラの描写と戦闘シーンはとにかく凄いというのは個人的にはかなり評価しています。

とくにBGMは最高だった!!そこにおいてはサントラ欲しいレベルで。

シン・ゴジラ劇伴音楽集

新品価格
¥2,340から
(2017/3/26 20:38時点)

そこに何か一つスパイスが足りない。。というのが、この作品を見終えて感じた、私の結論です。

CG諸々のゴジラの演出シーン。これは劇場で見たらもっとよかっただろうなぁと思いました。ビルがゴジラに崩されて積み木のように破壊されるところ、すごくクォリティあって、爽快で面白かった。

他にも、エヴァの作戦会議のBGMが突然流れたりするのもエヴァファンとしてはワクワクできたし、ゴジラが暴れるシーンで背中から突然ビームを出したりするシーンはすごかったと思います。

あとヤシオリ作戦のネーミングにはエヴァ好きとしてはかなり吹きましたねwww

 

とにかく、会議のないシーンが一番面白い。もっと戦闘シーン見たかった。。

初期形態からのゴジラが過去のゴジラとは一線を引く気持ち悪さなのも。良かったです。

ここは流石庵野監督!

エヴァに似た要素かなり多くて、実写版エヴァと言われるのもなんだかわからないわけでもないけど、それで結論してしまうのも何か違う。。

エヴァとも違うけど、エヴァチックなゴジラ??

もういっそのところ、割り切ってエヴァVSシンゴジラでもよかったんじゃなかったのかなぁとも思いますね。

そしたらもっと自分は楽しめたと思うけど、そういう作品を目指したというわけでもないんでしょうね。

 

うまく言えないけど。。なんというかエヴァとかの戦う手段、正義のヒーロー、ヒロインもいない世界で淡々とした日本政府VSゴジラをヤシマ作戦的な展開で進んだ感じ??

ゴジラが使徒で、使徒が攻めてきたけど人類は有効な対抗手段がない。。

突如現れる謎の生命体〈⇦ここが使徒襲来〉で、東京大パニック、政府大パニック。。。

自衛隊で対処するけど、攻撃は効かない。〈⇦ここ使徒襲来の軍隊の冒頭の攻撃シーン〉じゃあアメリカに助けてもらうけど、核を打つけどいい??

ってなったので、核は絶対打たせたくないから何か手段をと思い考えたのが、ゴジラを凍結させる作戦〈⇦ここヤシマ作戦風〉

そして、最後にはゴジラ凍結に成功。

でもあまりヨッシャー!!って感じではなく、淡々としたものというか安堵感。

依然ゴジラは凍結したけど、結局のところ止まってるだけで完全に倒したわけではない。

俺たちのゴジラとの戦いは続く。。。

という締めで、展開はとても地味なもの。

 

個人的には、凍結作戦成功!ヨッシャー!!と思ったけど、

やっぱり利いてなくてそこからゴジラ再始動で暴走しだして、人類はゴジラ倒せず、滅亡ぐらいの超展開を期待したけど、そうでもなく静かに終わりました。。

えっ、これで終わったのって感じです。

1時間半以上のボリュームだけど、会議カットでいいから、正直戦闘シーンだけで十分な印象。

最後の作戦成功も地味なシーンで終わるし、これも1つの良さなんだろうけど自分にはよく分からなかったです。

うーーん、とにかくも全体通してなんだろうなぁという感じです。

どの登場人物にもスポットライトが当たるわけでもなく、特定のキャラに感情移入もほとんどできない感じで、専門用語で視聴者完全置いてけぼりの感じ。。

また見たいか??と聞かれたら、うーーんというのが正直な所で、シンゴジラめっちゃ面白いから見た方が絶対いい!!って他人に進めれか??という感じでもなかったです。

軍隊物とか、戦車とか、特撮物が好きな方には100点満点以上の作品だと思うけど、

自分みたいにワクワク、ドキドキする超展開のストーリー展開で、魅力的なキャラクター、ヒロイン可愛い、感動した!!ヤベーなこれ的な物を求めてる人には、正直な評価はかなり低いと思えます。

 

とはいえ、去年の話題作で、エヴァの監督のシンゴジラ。

うん、庵野監督らしいゴジラやね

評価分かれるのもめっちゃわかりました!!

 

色々とチャレンジした作品だったと思うし、見る人が見たら黄金級の作品のだったと思います。

これはこれでいいのかな??

これまでのゴジラとはまた違う、全く別次元の作品だというのはよくわかりました。

まぁともあれ、どんな作品なのかかなり気になっていたので、一度は見ておいてよかったとは思います。

私は、もっぺんは見ないとは思いますが、かなり深い作品だとは思います。

シン・ゴジラ


PAGE TOP